ハウスクリーニング

取引先や技術系の有資格者の多さも選択基準になる

取引先や技術系の有資格者の多さも選択基準になる

 

ハウスクリーニング業者を選ぶ場合に参考にできるのが、その業者が個人宅以外にどのようなところと取引しているかといった点や、社内に有資格者がいるかといった点です。ハウスクリーニング業者のなかでも建物のクリーニング・メンテナンスの業界で長く経営されている会社ほど、法人や公官庁などと取引しているもので、当然ながら仕事の中身も信頼できるという目安になります。またハウスクリーニングは、建築や建築施工上の知識が必要な面もありますし、ズバリ、ハウスクリーニング技師という資格もあるぐらいで、同じ作業員のなかでも、高い知識と技能を有するものもいるのです。

 

ハウスクリーニング業者のなかでも、組織として大きなところほど、社員の資格取得を推奨していて、仕事にほこりを持って取り組んでいる人も多いと言えます。

 

ちなみにハウスクリーニング業界で、よく取得されている資格には、ハウスクリーニング技士以外にも、ビルクリーニング技能士、カーペットクリーニングテクニシャン(IICRC認定)、建築物清掃管理評価資格者2級(品質インスペクター)といったものもありますし、電気主任技術者、電気工事士、管工事施工管理技士、電気工事施工管理技士、建築施工管理技士などを取得している方も大勢います。

 

そうした資格取得者が多いことが、全てにおいて良いというわけではありませんが、より良いハウスクリーニング業者を選択したいとした場合には、取引先にどのようなところがあるのか、また社内に技術系の有資格者がいるかといったことも、業者選びの目安の一つにはなると考えられます。