ハウスクリーニング

業者

業者のタイプについて

 

ハウスクリーニング業者を大まかに区分けする際に使われるのが、ハウスクリーニング専門業者と家事代行タイプの業者という分け方です。一般的にハウスクリーニングというと前者の専門業者型を指しますが、家事代行の一環としてハウスクリーニングを依頼できる場合があります。ただし家事代行サービスというのは、従来からある家政婦業とほぼ同じで、掃除道具も基本的には家にあるものが使われますので、日常的な家の掃除を丁寧に行ってくれるというレベルとなります。

 

家事代行型ハウスクリーニングの利用者は、仕事が忙しくて家事まで手が回らないという方や単身赴任などの独り住まいの方、また男手ひとつで子ども育てている方、奥様に先立たれて独りで生活している高齢者の方などが多く、逆に言うと、日常的な掃除を自分に成り代わってやってくれるサービスを求めている方は、ライフスタイルの変化や高齢化が進む中で需要が高まるサービスとなることが予測できます。大掛かりなハウスクリーニングではなく、日常的なハウスクリーニングを求めている方は、ホームヘルパーを派遣している紹介所のほか、個人事業主として活動している専門職のヘルパーさんもいますので、あたってみると良いでしょう。

 

これ以外のいわゆるハウスクリーニング業者は専門業者となります。専門業者であれば、要望によって、家具なども移動しての大掛かりなクリーニングも対応してくれますので、住まいの汚れを一度全てリセットしたいという場合は専門業者に依頼することになります。

 

特にキッチンや水廻りの掃除は、毎日の掃除で手をかけらない部分もあり、汚れが累積していることも多いのではないでしょうか。また地域の気候特性によって、サッシまわりには様々な汚れが溜まっていることがあるわけですが、こうした箇所をきれいにしたいと思っていても、まとまった時間が取れずに放置されたままというところもあるはずです。プロの専門業者に依頼すると、こうした手の付けられないままの汚れも全てきれいになりますので、クリーニング後はこれまで通りの掃除できれいな状態を維持することができます。

 

基本的なことですが、どちらのタイプのハウスクリーニングを求めているのか、まず決めておくことですね。