ハウスクリーニング

料金だけでなく作業範囲・内容も確認する

料金だけでなく作業範囲・内容も確認する

 

ハウスクリーニングは非常に便利なサービスですが、作業内容をしっかり把握していないと、言っていたのと違う作業内容でがっかりしたということにもなりかねません。その原因は業者側の説明不足という面もあるかも知れませんが、利用者のほうでも誤解をしていて、行き違いが生じるということもありますので、依頼する側も注意しなければなりません。

 

業者から見積書を受け取ったら、金額だけで判断するのではなく、クリーニング作業がどの程度の内容のものなのかを詳しく説明を受けた上で、正式な注文に進むようにしてください。通常は業者のほうでもトラブルを回避するために、見積書を渡すだけでなく、作業内容の詳細を説明するように指導されています。不明な点があれば、もちろんこの時点で確認して、どの程度のハウスクリーニングが行わるのかを分かった上で正式注文するようにしてください。

 

また作業料金が安い業者の場合、クリーニングの内容もやはりそれなりとなることのほうが多いので、思い違いという面で注意が必要なのは格安業者のほうかも知れません。言い方は良くありませんが、作業内容を詳しく説明するとその分ボロがでてしまうので、説明が大雑把になりやすいということがあります。もちろん低料金の業者がみんなそうだとは言えませんが、とにかく金額だけで判断せず、どこまでやってくれるのかをかならず確認するようにしてください。